グローバル検索が有効にされていません。
メインコンテンツへスキップする

7 コースカテゴリ

環境対策活動EarthCare


「ごみ」を通して、人を、社会を変えていきたい。自分の出したごみを自分の手で分別してもらうように、
自分のことは自分でする(DIY)精神を広めるために、私たちは活動をしています。
『ごみ箱で交わされる3秒間のコミュニケーションが、環境への意識を育てる』。
私たちはこの3秒間の力を信じ、野外音楽イベントや地域のお祭りなどで、
ごみの分別ナビゲートをはじめとする環境対策活動を実施しています。


RSRオーガニックファーム


RSRで出た生ごみの一部を豚糞と混ぜて堆肥化、
その堆肥で育てたじゃがいもを翌年のRSRの会場に届ける「おかえりじゃがいも」という取り組みを行っています。
参加者には石狩市の中で行う、食資源としての生ごみの循環のサイクルを体感してもらう。

ポロクル


自転車を通した、新しいまちづくり。
札幌の街中を走るシェアサイクル「ポロクル」。
全国でも広まりつつあるサイクルシェアと呼ばれる自転車共有の仕組みです。
この現場運営をするクルーが主体となり、
自転車を利用したまちの活性化や自転車問題の解決策を模索しています。
ezorockチームの中では珍しい、アルバイトからボランティアという形のチームです。

体験キッズ「チポロ」

子どもたちに直接体験の”機会”と”場”を。
石狩を中心に、豊かな自然や文化、地域の人の魅力を活用し、
自然体験の”機会”と”場”を提供するため活動を行っています。
森のようちえんなどの子どもの体験プログラムの企画・運営を実施しています。

プロジェクト「NINOMIYA」

project「NINOMIYA」では未利用材とよばれる未活用の資源を使いながら、
多様なコミュニティとともに薪づくり、および薪の販売を行っています。
拠点である石狩市美登位はるきちオーガニックファームをはじめ、
道内様々な場所で薪割り・たき火体験も実施しています。


関係人口創出プロジェクト「179リレーションズ」


北海道には179の市町村があります。
それぞれのまちでは、持続的な地域を目指す人たちによる活動が行われています。
一方、北海道内の地域やその地域に住む人々・活動について「知りたい」「関わってみたい」と思っている人たちもいます。
179リレーションズでは、そのように地域に興味がある人たちと、
地域で活動している人たちが、様々な形から繋がることのできる「入り口」をつくっていきます。


浜益ベース

札幌からバスで約1時間半のところにある石狩市浜益区(旧浜益村)。
現在の人口は1200人、高齢化率55%以上と言われている小さな村です。
日本海と山々に囲まれ、アイヌにゆかりのある黄金山、樹齢1500年の巨木など豊かな自然や文化が残っています。
そんな浜益に借りた一軒家「はまますベース」に宿泊・滞在しながら、地域の人たちと都会からの若者がさまざまな課題解決に取り組んでいます。